贈与税

【要注意】ZOZO前澤氏の100万円お年玉で贈与税が「かかる」ケース

前澤氏の100万円に贈与税がかかるケース

先日の前澤氏の100人へ100万円お年玉企画。様々なところでこのバラ撒きは【贈与】に該当すると言われています。

前澤氏の100万円が贈与に該当する理由

今回の100万円企画が「宝くじ」のような抽選である場合には一時所得に該当し所得税がかかります。

しかし今回の場合はランダムに抽選されているわけではなく、前澤氏がそれぞれの応募者の「100万円でこんなことをしたい」という夢に対して吟味し応援しています。

このような場合には一時所得ではなく「贈与」と考えられます。

贈与税にある110万円の控除

贈与税には110万円の基礎控除があります。つまり110万円以下の贈与であれば贈与税はかからず、申告をする義務もありません。

このことから今回の前澤氏の100万円のお年玉企画は「贈与」に該当し、110万円以下であるため贈与税は「かからない」と言われています。

前澤氏の100万円に贈与税がかかるケース

しかし、この前澤氏の100万円に贈与税がかかるケースは、あります。

贈与税は1年間にもらった金額の合計

この贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間にもらった額の合計に対して課税されます。

贈与税の計算方法

つまり、今回の前澤氏の100万円に加えて、2019年中に贈与者Bから10万円、贈与者Cからも10万円もらうとすると、年間で贈与を受け取った取った金額は120万円となります。
この場合110万円の贈与税の基礎控除をオーバーしてしまうため、申告が必要となり贈与税もかかってしまいます。

みなし贈与にも注意が必要

例えば通常の金額よりも安い金額で親から子供が不動産を購入した場合や、親が負担した保険の受取人が子供の場合など、直接的に金銭等を受け取ってはいないけれども実質的に同様の利益を受け取っているとみられる場合、それはみなし贈与とみなされ、贈与税がかけられます。

前澤氏の100万円にはいくら贈与税がかかるか

贈与税は累進税率を採用しているため贈与税額によって税金はかわります。

贈与税の計算方法

仮に前澤氏の100万円に加えて贈与者Aからも30万円、贈与者Bから20万円の贈与を受けていた場合、このような場合には贈与税は4万円円かかります。

計算方法:前澤氏100万円、贈与者A30万円、贈与者B20万円の贈与を受けた場合

100万円+30万円+20万円=150万円の贈与

150万円−110万円(基礎控除)=40万円

40万円×10%(上記の税率表より)=4万円

150万円の贈与に対する贈与税は4万円になります。

贈与税は税務署に自ら申告

贈与税は申告により税金を納めます。つまり自己申告制なのです。

申告忘れや申告が漏れていた場合

申告をし忘れていた場合、本来納めなければならない税金に加えて、無申告加算税延滞税が課税されてしまいます。故意に隠していたなど悪質な場合には重加算税も課されます。

どのようにして税務署は申告漏れを発見するのか

では、このような自己申告による贈与税の申告漏れを税務署はどのようにして見つけるのでしょうか?大きく分けると税務署は

・銀行口座の動き
・不動産の動き

によって贈与税の申告漏れを発見します。
大きなお金の動き、定期的なお金の動きに税務署は着目しているのでそのような動きが見られる場合、税務署は申告漏れを疑います。

申告漏れが疑われるケース

・突然の現金の引き出し
・定期的な入金
・預金に見合わない不動産の購入

前澤氏の100万円にも贈与がかかるケースがあるので注意

今回は前澤氏の100万円で贈与がかかるケースについてご紹介しました。相続税がかかるかどうかは年間に受け取った額の合計で決まります。複数の人から贈与を受けている場合はその合計額です。

まだまだ2019年は始まったばかり。これからまた贈与を受け取ることがある場合、贈与税の申告、納税が必要になる場合もあります。税金について心配な方、節税をしたい方は専門の税理士に相談しましょう。

>>>>税理士ドットコムで相続専門の税理士を探してみる
※無料で何度でもご自分に会う税理士を紹介してもらえます。